すのふら

日々の備忘録

アイカツ!シリーズのCD売上から見えてくるもの

2018年6月5日更新

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/snofra/20171110/20171110202829.png


アイカツ!シリーズはゲームやアニメで歌がメインのひとつ。

それはもともとのゲームであるDCDアイカツ!シリーズが音ゲーであるからなんだが、アイカツ!シリーズを語るうえで重要な要素のひとつだと思っている。

じゃあそのアイカツ!の歌に関して、CD売上から、今のアイカツ!というコンテンツがどういう時期に来ているのか確認してみる。

なお、予防線として、アイカツ!ひいてはアイカツスターズ!をdisってるわけじゃないってことは明言しておく。
disって俺が得する要素なんてないっす。


条件

・以下サイトに記載されているsales結果をベースとする。
anisonsinger.blogspot.jp

・トレンドについてはgoogleTrendsを使用(検索ワード:アイカツ
Google トレンド

CD売上からわかること

f:id:snofra:20180529000900p:plain

グラフについて説明すると、

  • CDの発売月別でのCD売上枚数を示している
  • 同じ月に発売されたものは加算されているので、同時リリース数によって売上枚数は伸びる
  • 横軸は「アイカツ!」と「アイカツスターズ!」の放送時期を示したもの
  • 青線が曲線近似と言って、CDの売上傾向を示したもの。上がっていればCDが売上枚数が増えている。逆なら減っている。

CD売上は減少傾向にある

グラフからまず見えるのは、CDの売上枚数は減少傾向にあるということ。

アイカツ!」期の一番のピークはシリーズのうちの最初の数年であることが分かる。
そして「アイカツスターズ!」期になると1万枚を超える売上枚数はほとんど見られない。

なぜ売上枚数が減ったのか、という点は以下の記事に仮説のひとつとして書いているのでそちらを見てください。

snofra.hatenablog.com


ベストアルバムはよく売れる

次にCDの売上トップ10を見てみる。

f:id:snofra:20171110193606p:plain

ベスト3はすべて「アイカツ!」1期関連のCDのため、ここからもアイカツ!シリーズ全体のピークは「アイカツ!」の前半であったと仮説付けられる。

また売上枚数のベスト5をみると、『Calendar Girls』『Shining Star*』『Lovely Party!!』ベストアルバムがすべて入っている。

そのベスト5が先ほどのグラフのどの辺に位置しているかというと

f:id:snofra:20180529005632p:plain

周りの売上枚数より特質して伸びているものがそれに該当する。
つまり、アイカツ!のベストアルバムは売れる傾向にあるということが分かる。

個人的にも子供が車で「アイカツスターズ!」のCDを聞きたいと言っているが、ベストアルバムは出ているのかという質問を受けたことがあった。

どうやらシングルやミニアルバムをこまめに出すよりも、ベストアルバムという形式で売ったほうが子供を持つ親は買ってくれる可能性が高いのかもしれない。


アイカツスターズ!開始時の期待値の高さ

CD売上トップ10を見ると、「アイカツスターズ!」からも『スタートライン!/episode Solo』がランクインしていて、期待度はかなり高かったのでは?と想像できる。

自分が見ていたところ範囲だと、アイカツ!ロスが激しくて「アイカツスターズ!」微妙みたいな風潮だったので、この結果は面白い。


アイカツ!の人気があった時期は?

f:id:snofra:20180530001659p:plain

オレンジ部に該当する期間はCDの売上がよく、ここが一番コンテンツ的にも人気があったのではないか?と推測される。
それは本当なのか?という点を確認していく


アイカツ!シリーズの人気が高い時期を確認する

アイカツ!シリーズの人気を見るにあたってgoogleTrendsを使用する。
これを使うことでgoogleでキーワード検索した数が分かる。つまりみんなが気になって調べた時期が分かる。

f:id:snofra:20180530002546p:plain

グラフについて説明すると、

  • CDの発売月別でのCD売上枚数が赤色の折れ線
  • googleTrendsの結果が緑の折れ線

この図でアイカツ!シリーズが「バズってネットで盛り上がっているとき、CDは売れているのか?」が確認できる。


CDの売上枚数と人気は関係ある?

googleTrendsの検索数と比較した場合、CD売上よりも前から盛り上がり始めているように見える。(濃いオレンジがCD売上のみ)
f:id:snofra:20180604232057p:plain

また、オレ的ゲーム速報@刃で「アイカツ」を含む投稿数も見てみる。
この手のまとめサイトは基本的に今人気のある内容の上澄みをとってくるものが多く、まとめサイト管理者がまとめるイコール、ネットでバズっているということが言える。

f:id:snofra:20180530010019p:plain

これを見てもCD売上枚数が高い時期はコンテンツが盛り上がっていたということが言える。


CD売上枚数とgoogleでの検索数は本当に関係あるの?

CD売上枚数とgoogleでの検索数は本当に関係あるの?ってなんとなく図では分かったが、統計的にどうなの?っていう点(相関しているか)を念のため調べてみる。

統計的に関係あるの(相関があるか)というのは、調べたいものの相関係数が1に近ければいいんだが、この内容は覚えなくていいです。*1
値は0.7572179100603263なので、関係あると言って差し支えない値だと思う。

よってCD売上枚数が多いときは人気があったと言える。


アイカツ!の人気があった時期は?

今までの話をまとめると、アイカツ!シリーズの人気があった時期は、2013年3月あたりから2015年2月まで

またアイカツ!」がネットで一番流行っていたのは2013年12月

この時期何があったんだと思ったら

f:id:snofra:20171110195335j:plain


2013年12月26日放送の第63話「紅白アイカツ合戦!」での星宮いちごのセリフ。
アイカツ!」に関してあまり知らない人が知っているだろうセリフがちょうどこのころ。


アイカツ!」がもう1度盛り上がる時期

ピーク時の2013年12月から緩やかに下降していくが、2014年12月に1度盛り上がる時期がある。

それはどういう時期だったのか。

f:id:snofra:20171111153743j:plain

『劇場版 アイカツ!』が公開された月(2014年12月13日公開)!

始めてのアイカツ!シリーズの劇場版だってこともあってか、感想を書いたりする人が多かったんじゃないかなと。

映画も星宮いちごがトップアイドルを目指す物語のクライマックスでもあったため、盛り上がったのだと思う。*2

気になるのは、グラフを見る限り星宮いちご編でみんなの「アイカツ!という物語」は完結してしまったのでは?ということ。

悪く言うと主人公の代替わりに失敗した?可能性が考えられる。


アイカツスターズ!」の人気

googleTrendsでの人気を見る限り、「アイカツスターズ!」も開始から緩やかに下降しているが、終盤は盛り上がっていたように見える。

CD売上は若干ではあるが向上しているように見える。
ただ終盤は「アイカツ!ミュージックフェスタ」で歌唱担当だったSTAR☆ANIS、AIKATSU☆STARS!の卒業が発表後であること、アイカツ! フォトonステージ!! ベストアルバムの発売もあった上の売上向上も要素のひとつとして考えられる。


CD売上高からわかること

f:id:snofra:20180605001140p:plain

  • CDの発売月別でのCD売上高を示している
  • 同じ月に発売されたものは加算されているので、同時リリース数によって売上高は伸びる
  • 青線が曲線近似。上がっていればCDが売上高が増えている。逆なら減っている。


アイカツ!の盛り上がっていた時期を超える売上高

グラフを見る限り、アイカツ!シリーズの盛り上がっていた時期より売り上げている時期が存在している。

f:id:snofra:20180605001717p:plain

2017年06月に発売された「アイカツ! COMPLETE CD-BOX」。
f:id:snofra:20180605002445j:plain*3

このCDは完全限定生産、単価3万円だったが、2017年のCD売上のほとんどを占めるほど売れていた。

ここを見てもアイカツ!のベストアルバムは売れるということが見える。


年別の売上高

月別の売上高から年別に切り替えてみる。

f:id:snofra:20180605004057p:plain

このグラフから見えるのは、やはりアイカツ!シリーズが一番盛り上がっていた2014年が一番CDを売上ているという点と、次点が2017年であるという点。

月別のグラフでは売上高が少なそうな2016年が上位に入っている。
おそらくスマホゲーム「アイカツ! フォトonステージ!!」のサービス開始で、前年よりもCDのリリース数が多かったことが要因の一つと考えられる。


CD売上的に2018年はどうなるのか

2018年はCD売上的にはスマホゲーム「アイカツ! フォトonステージ!!」がサービス終了することもあって、やや厳しい面があるのではと思う。

アイカツフレンズ!」最初のシングル「ありがと ⇄大丈夫/Believe it/BEST FRIENDS!」が3,799枚と「アイカツスターズ!」の最初のシングルに比べ約半分の売上*4だが、まだ始まったばかりなのでCD売上が上昇することを祈りつつ、CDを買っていく必要があると思う。


最後に

みんなCD買おう!

*1:-1~1の間で1に近ければそ相関していると言える。

*2:個人的にも星宮いちご編のクライマックスにふさわしい映画なので、見てない人は是非見てほしい

*3:アイカツ! | Lantis web site

*4:「スタートライン!/episode Solo/AIKATSU☆STARS!」は7,463枚